薄毛治療は安価に行える時代になった

一昔前は薄毛になる人は、両親や祖父母の遺伝でなってしまうという情報が実しやかに語られた時期がありました。
そして薄毛男性は、カツラを作るという方法をとりました。
但し昔のカツラは今のカツラとは異なり、ひと目見ただけで判るものであり、外れたりズレたり、手入れをこまめにしなければならないので、何にしても薄毛になると面倒な事が沢山あったのです。
しかし、頭髪についての研究は続けられ様々な事が判ってきて、先に挙げたように遺伝的要因というのは確かに存在するのですが、それよりもむしろ後天的要因の方が大きく、その代表となるのが食生活の変化です。
具体的には食生活に肉食が食卓に並ぶ様になり、おかずもメザシ・イワシ等の魚よりも、好んで肉食を好む人々が増え、また野菜を摂る量も減って来たという事があります。
付け加えるのであれば、身体を余り動かさなくても日常生活に支障なく、便利なサービスが増えた事も大きな要因の一つと言っても良いでしょう。
自宅では座ったままリモコンでテレビ等のコントロールが出来るようになり、昨今ではネット通販という究極ともいうべきサービスが普及し、自宅から一歩も外に出ること無く購入したい商品を配送業者が自宅まで届けてくれるようになりました。
したがって運動する機会は一昔に比べれば、激減しているといっても過言ではないでしょう。
上に挙げた様な生活をしていれば、身体には余計な脂肪やLDLコレステロールが溜まりやすくなってしまいます。
また、新陳代謝が落ち血行も促進されませんから、頭皮から髪の毛を生やす為の土壌が整備されにくい状態となり、薄毛が進行してしまうという事に繋がります。
そして、この様な生活環境は男性ホルモンの分泌が低迷させ、薄毛になりやすい状態になる事を促進しているという事が判ってきました。
そんな中、世界レベルでは薄毛を一つの病と捉え研究が進められ、プロペシアで治療をするという方法が日本でも2005年の厚生労働省から認可が下りて、AGA専門のクリニック等が出てきました。
しかしAGA治療専門医による診察及び診断が高額で、治療薬であるプロペシアの価格も高く健康保険も適用されず、または高額医療控除を受ける事も出来ないので治療を受けたくても手が出ないという人もいるでしょう。
そんな人にはプロペシアのジェネリックであるフィンペシアを使用するのが、良いかも知れません。
この薬は日本国内では入手出来ないので、個人輸入代行業者であるオオサカ堂から取り寄せるというのが、最も簡単で確実に入手出来る方法です。
しかし、ここでプロペシアの有効成分の特許が切れるのは2019年のはずではないのかという、素朴な疑問を感じる人がいるかも知れません。
確かにその通りなのですが、フィンペシアの製造・販売を行っているのはインドであり、インドは医薬品の特許条約に参加していない為に2019年まで待つ必要が無く、製造および販売出来るという訳です。
フィンペシアにはプロペシアにも含まれるフィナステリドが、同量の1mgを配合しているので、効果もほぼ同等でありながら、安価であるというのが大きなメリットです。
それでは、先程紹介したオオサカ堂でどれだけの価格差があるのかをチェックしてみます。
プロペシア1箱(28錠)が9800円であるので1錠当たり350円で、一方のフィンペシア1箱(100錠)は4480円なので1錠あたり約45円ですから、1錠あたり305円の差があるのです。
それでは服用方法を述べておくと、1日に1回1mg以下の容量で、最短で3ヶ月、あるいは効果が確認出来るレベル迄には半年程度、毎日欠かさず服薬し続ける事が大切です。