安価で有効、ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは、新薬が開発されてからある程度年月が経ち、特許が切れてから同じ成分で作られる薬のことで、後発医薬品とも言われています。
成分が同じですから、新薬と同程度の効き目がありますし、安全性も新薬と変わりがないと認められた物のみが、ジェネリック医薬品として発売されます。
新薬の開発や研究には、莫大な費用と時間が必要となりますが、ジェネリックはその研究開発が必要ありません。
だから、価格を抑えて販売することができるのです。
安いからと言って効き目が弱いことも、品質が劣ることもないので、安心してください。
オオサカ堂という医薬品の個人輸入代行サービスを行うサイトで取り扱っている医薬品は、このジェネリック医薬品が中心です。
個人輸入した医薬品は、自己責任で使用することが原則となりますから、怪しい薬は使いたくないでしょう。
オオサカ堂の商品なら、全て世界各国の承認を得た医薬品で、100%正規品であることを保証されていますので、安心して購入できます。
個人輸入される医薬品の中でも人気がある商品の中に、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の治療薬があります。
額の生え際がどんどんせり上がり、おでこが広くなってしまったり、頭頂部の髪が薄くなったりすることを予防し、発毛を促してくれるお薬です。
AGAは放っておくとどんどん進行してしまいますから、早めに手を打つことが重要になります。
何とか薄毛を食い止めたいと願う男性の支持を得ているのが、フィンペシアという服用タイプのAGA治療薬です。
抜け毛を予防したり、髪を増やすためなら、頭皮に直接塗る育毛剤などの方が効果があるのではないかと考える方もいらっしゃるかも知れません。
しかし、実は発毛は、身体の中から行う方法もあるのです。
服用した有効成分は、血液の流れに乗り、頭皮の毛細血管に送り込まれます。
そして、髪を生む毛母細胞に辿り付き、内側から効果的に発毛を促進させてくれるというメカニズムです。
フィンペシアは、プロペシアという薬のジェネリック医薬品で、有効成分のフィナステリドがプロペシアと同量配合されています。
プロペシアは、1年間服用した患者のうち、およそ60%の人が発毛を実感し、残りの40%の人も薄毛の進行が止まったという臨床データを持つほど、大変優れた効果を持つ薬です。
有効成分が同じフィンペシアも、同様の効果があると考えて良いでしょう。
しかも、フィンペシアはプロペシアよりも断然リーズナブルです。
AGAの治療は、短期間では効果を感じにくいという性質を持っていますので、最低でも半年以上は服用し続ける必要があります。
安価であるということは、続けやすいということに結びつくでしょう。
1日1錠服用するだけですが、根気よく継続させることが大切です。
オオサカ堂では、フィンペシアをまとめ買いすることもできます。
3年先の自分のために、今から始めてみてはいかがでしょう。
早めの対策は、それだけ早く効果を出すことができるのです